私立中学生向けの学習塾は逆効果になることもあるので要注意


私立中に入って最初の定期考査が終わると、自分の成績が学校の中でどのぐらいかがわかってきますよね。難関校に入れた子は小学校のころはクラスで1番か2番があたりまえだったとしても、私立中ではそうはいきません。

今度は出来る子の中での順番になるので真ん中より下の順位ということもありえます。ショックですよね。自分ができないほうに入ったことがないだけに、戸惑ってしまうこともあるかと思います。

その気持ちは保護者も同じ。そんなときに、あせって私立中向けの塾通いを始めるのはマイナスの効果が大きいので気をつけなければなりません。

成績が悪くてもあせらない
私立中の場合、同じ受験で入学したばかりの一年生のあいだでも学力には差があります。同じ試験を受けたのだから同じぐらいだと思うかもしれませんが、試験がなかった科目で学力差が出ます。それは英語です。

入試科目にないからと言ってまったく勉強しなかった人もいれば、小学校のうちから英会話スクールに通っているような人もいるのが英語です。これでは成績に差がついてあたり前です。中学校に入学して最初の定期考査で測られる実力は小学校時代のものも大きく影響します。

このため英語の成績(順位)が悪かったからと言って、自分は頭が悪いんだと思う必要はありません。これから差を詰めていけばいいだけです。

塾に通うことが逆効果になってしまう
ただ、できないからといってスグに塾通いを始める必要はありません。私立中学生を対象とした学習塾もありますが、進学塾とは違って補習塾的な位置づけのものが中心です。となると、補習塾に通わなくてはいけないということでプライドが傷つくんですよね。

私立に入ったぐらいなので勉強には自信があるはずです。「私立に入れば塾に通わなくていい」「学校生活を満喫できる」と思っていたかもしれません。なのに、塾通い…。これではモチベーションが上がりません。

また「自分は出来ないんだ」「頭が悪いほうなんだ」と思ってしまうこともあります。思春期だけに、すぐに友達と比べてしまって自分で自分にレッテルを張ってしまうからです。これでは塾に通うことが逆効果でしかありません。

塾よりも自宅学習で取り戻す
そもそも私立中に合格できる実力があるのですから、頭が悪いわけではありません。英語など環境の違いでちょっと周りに遅れを取ってしまっただけです。この遅れは自宅での勉強で十分に追いつけます。

自宅での勉強であれば塾とは違って自分のペースでどんどん先に進められます。気分が乗ってるときは、何時間でも勉強できるという状態になったことが受験勉強でもあるのではないでしょうか。

そうした経験を活かしましょう。
具体的には動画を使った勉強法などが効果的です。

カリスマ講師の授業を自分のペースで見ることができるスタディサプリ中学講座などを使えば、あっというまに追いつけるハズです。塾よりも受験勉強の経験を活かして、こうしたもので一気に遅れを取り戻してください。

スタディサプリ/塾平均より年間24万円お得!? 月額980円(税抜)/テキスト代無料

スポンサーリンク
PR




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PR




コメントの入力は終了しました。