top「中学生向け塾選びのコツ」にお越し頂きありがとうございました。

当サイトでは、中学生の保護者の方向けに塾選びのポイントを解説しています。

中学生となると、小学校の頃と違って、すべてを親が決めるわけではないと思います。ただし、大人として扱ってすべて任せるのも、まだ出来ない年頃です。

特に塾選びは、今後のお子さんの勉強生活を左右するとても大切な問題です。

 

学校は誰でも行かなければならないものですが、塾には必ずしも行く必要がありません。それだけに、塾をきっかけに、勉強が好きになることもあれば、嫌いになることもあります。

「塾に通って成績が上がったので、勉強が楽しくなってきた。」
「塾の授業にもついて行けず、勉強がますます嫌いになった。」

中学になって、初めて塾に通う子の場合は、このどちらかになることが多いです。

 

中学生にとっては、勉強が生活の中心です。

勉強が得意になれば、部活など勉強以外のことにも前向きに取り組めます。
また、高校、大学生活も充実したものになるでしょう。

その意味で、塾選びは大切です。

 

もちろん、費用面も大事だと思いますが、それ以外にも検討すべき点があります。

例えば、学習塾にはいろいろな種類があります。
進学塾と補習塾」「集団塾と個別指導塾」「大手塾と個人塾」など。

お子さんによっては、家庭教師通信教育のほうが適していることもあると思います。

 

中学になって成績が落ちてきたなら…

「小学校の頃は勉強が出来たのに、中学になって成績が落ちてきた。」というのは、よくある話です。この場合、最初にすることは勉強方法の見直しです。詳しくは、まずは勉強方法の見直しにまとめています。

 

気になる塾の費用は…

中学生の学習塾費用の平均は、公立中学に通っている場合は年間25万7,000円、私立では年間21万7,000円です。詳しくは、塾の費用はどのくらいをご覧下さい。

【PR】