中学3年生の冬期講習選びで絶対に外せないポイントはココ!

受験勉強の最後の追い込みに冬期講習を利用する中学3年生も多いのではないでしょうか。確かに最後の最後で急激に成績が伸びるという受験生も少なくありません。ただ、反対に冬期講習が間違いの元だったとあとで気づくことも…。そうならないためには、冬期講習選びで絶対に外せないポイントがあります。

高校受験勉強の追い込みで塾を考えている人への注意点

中学3年の秋以降となると、いよいよ高校受験が目の前です。この時期から最後の追い込みに塾を利用しようと考える人もいるのではないでしょうか。中学3年生の秋から塾に入って、どのぐらいの効果があるのでしょうか?塾長をしていた経験から解説してみたいと思います。

2学期からの塾選びで気をつけたいこと

2学期など学年の途中から塾に入る場合に気をつけなければならないことを塾長目線で解説しています。「1学期の成績の成績が良くなかった」「授業で分からないところが出てきた」といった場合に、2学期から塾に通うことを考えるかもしれません。塾側もそうした子を対象にキャンペーンなどを行うこともありますし、チラシでも入塾生を募集しています。

夏休みのあいだにしておくべき高校受験勉強は?

受験生の夏休みといえば夏期講習を思い浮かべるかもしれませんが、高校受験が初めての受験となる人(中学受験をしていない人)にとっては、夏期講習よりも夏休みのあいだにしておくべきことがあります。塾長をしていたときの経験から解説してみたいと思います。

夏期講習の料金が高いなと思ったときの節約方法

夏期講習はある程度の日数を通わないと効果がありませんが、日数が増えればそれだけ料金が高くなってしまいます。高くても問題ないという家庭ならいいのですが、そうでない場合はどうすれば良いのでしょうか?できるだけ費用対効果を上げる夏期講習の選び方についてまとめてみました。

中学生は何年生から塾通いしているのか?

公立中学生の場合、何年生から塾通いをする人が多いのかを調べてみました。学年別の通塾率をみると、高校受験が控えている3年生が最も高いのは当たり前ですが、1年生のうちから半数以上の生徒が塾通いをしていることになります。3年分の平均塾代も掲載しているので参考にしてみてください。

中学3年生の平均的な塾の費用

中学3年生の一年間に掛かる平均的な塾の費用について調べてみました。中学3年生は受験学年ですし、中学受験をしていない人にとっては高校受験が最初の受験になるので、1年生や2年生のころよりも塾の費用も掛かっています。

スポンサーリンク
PR