juku-master一覧

私立中学で落ちこぼれそうになったときの塾選び

中学受験に合格して私立中学に入ったのに、学校の授業についていけず落ちこぼれてしまいそうになることは少なくありません。私立中では授業の進むペースが速く、ちょっとしたつまづきが致命傷になってしまうからです。こうしたときの塾選びのポイントについて解説しています。

塾選びでは月謝以外の費用に注意(夕食代や交通費も)

塾選びのポイントのひとつは月謝だと思います。もちろん授業の中身や通いやすさなども大切なポイントではありますが、月謝(料金)を無視して自由に決めるわけにはいきません。ここまでという上限があるでしょうし、ほかの部分が同じであれば安いほうを選んだほうが良いに決まっています。ただし、塾を選ぶ際には単純に月謝を比べるわけにはいきません。

受験勉強は中学3年生からで大丈夫か?

高校受験のことは、中学3年生になってから考えれば良いというのは危険です。3年生になってから考えたのでは、手遅れになってしまいます。多くの高校では、入学試験の問題の半分以上は1、2年生の範囲から出題されます。 中学1、2年生の段階でつまづいているところがあると、3年生になった時に大きなハンデを抱えていることになります。

学習塾に問い合わせをする前に知っておきたいこと

学習塾に問い合わせをする前に知っておきたいことを解説しています。いま、学習塾業界は、競争が激しくなっています。それにつれて、いわゆるセールストークも上手くなってきています。事前知識なしで問い合わせしてしまうと、塾のペースのままに話が進んでしまうので気を付けてください。

塾と比較したときの通信教育の特徴は?

通信教育には、昔からの「教材が郵送で定期的に送られてくるもの」から、 最近の「インターネットを活用したもの」などいろいろな形式のものがあります。ここでは、「何らかの教材(テキスト)が、郵送やインターネットを通じて送られてきて、 それを用いて勉強する」ものを通信教育として、これと塾との違いを比較してみます。

スポンサーリンク
PR