スマイルゼミ夏期集中講座ってどうなの?塾長目線でチェックしてみた


現在、申込受付中のスマイルゼミ夏期集中講座(中学生版)について、どんなもんなのかを塾長目線でチェックしてみました。スマイルゼミを検討中の人は参考にしてみてください。

スマイルゼミ夏期集中講座とは…
スマイルゼミの夏期集中講座は苦手の克服を目的としたものです。

自分でも気がついていない苦手のモトをスマイルゼミが判定し、そのモトを取り除くための勉強を夏休みにしてしまうというのが夏季集中講座です。

まず最初にするのは現学年の重要単元のテスト。この結果をもとに苦手を判定し、さかのぼって(前学期や前学年まで戻って)復習し直す必要があるところをスマイルゼミがアドバイスしてくれます。

英語数学には、この勉強法がピッタリです。
どちらも積み上げ科目と呼ばれ前にならった単元をもとに新しい単元に入っていくからです。

いまの単元がわからないということは、その前の土台となる単元の理解が不十分なことが多いものです。ただ、学期中だと、なかなか前の単元まで戻って勉強し直す時間が取れません。

「とりあえず、いま」の単元についていくことで精一杯だと思います。土台を固めておくような勉強は時間の取れる夏休みにしておきたいコトのひとつでもあります。

なかなか「使えそう」だが、デメリットも
…とココまでだと、スマイルゼミ夏期集中講座は、なかなか「使えそう」に思えますがデメリットもあります。それはさかのぼる範囲が前学年までという点です。

スマイルゼミの夏季集中講座では、さかのぼって(前学期や前学年まで戻って)復習できるのは「中学1年生なら小学6年生の範囲まで」「中学2年生なら中学1年生の範囲まで」となっています。

これだと不十分な可能性があります。2学年も昔までさかのぼる必要なんてないんじゃないかと思うかもしれませんがそんなことはありません。

中学の数学は分野が大きく「式と計算」「比例、反比例」「図形」に分かれています。「図形」はわりとできるけど「比例、反比例」はサッパリとか、この分野によって得意不得意が大きく違うものです。

このため不得意(苦手)な分野であれば2学年分前といってもわからないものです。
苦手克服というのは、そこから土台を見直さなければなりません。

ところが、スマイルゼミの夏季集中講座ではそれが出来ないのが残念なところです。
(2学年もさかのぼる必要はないという人には問題になりません。)

参考:小学校4年から中学3年までの範囲が学べるのはコチラ
スタディサプリ/塾平均より年間24万円お得!? 月額980円(税抜)/テキスト代無料

公式サイト:スマイルゼミ
◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育

スポンサーリンク
PR




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PR




コメントの入力は終了しました。