塾選びで見落としがちな塾に通う時間帯について

塾を選ぶときに見落としてしまいがちなポイントのひとつが塾に通う時間帯です。
どのようなことに注意すればいいのかをまとめましたので参考にしてみてください。

部活や習い事との調整
部活動や習い事をしている場合は、その時間との調整が必要になります。
特に部活動や習い事がある日に塾に通う場合は、注意が必要です。

無理なスケジュールで通って、塾で眠くなってしまっては、意味がありませんし、成績も上がりません。体力的にスケジュールの無理がないかを事前に確認しておきましょう。雨など天候の悪い場合も考えておかなければなりません。

また、部活動後に家に帰らないで塾に直行するのか、家に帰ってから塾に行くのかも考えておく必要があります。

「塾には部活動で使う荷物を置く場所がないので、一度、家に帰らないといけない」
となると、それだけで塾通いが面倒に感じられることもあります。

そのような場合は、塾選びの際に「塾に荷物を置くスペースがあるか」を考慮する必要が出てきます。ちょっとしたことですが、塾に通うイメージを事前にすることで、塾選びのポイントを見つけることができます。

夕食をどうするか
お腹が空いて塾の授業に集中できなくては、塾通いが無駄になってしまいます。
塾に通う日の夕食をどうするかも事前に決めておく必要があります。

「自宅で食べる」「外食する」「塾でお弁当を食べる」のいずれかになります。

ただし、におい等の理由から塾での食事を禁止にしている場合もあります。
また、「外食する」のであれば、塾の近くに外食できる場所がなくてはなりません。

これも細かいことですが、ちょっとした不便が塾通いのストレスになることもあります。
気持ちよく塾通いをするためにも、事前に確認しておきましょう。

塾に通う前や体験授業のときはコレぐらい大丈夫と思っても通い続けているうちに面倒や不便に感じられることが出てくるものです。そうしたことを出来るだけ避けるために、事前に確認しておいてください。

スポンサーリンク
PR




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PR




コメントの入力は終了しました。