スマイルゼミ中学準備講座の内容と効果をチェック

通信講座などの中学準備講座の受け付けが始まる時期となりました。テレビCMも流れてますよね。中学準備講座というのは、小学校6年生の1月から中学入学に向けて勉強を開始しようというものです。

今回はその中でスマイルゼミの中学準備講座について内容や効果を調べてみました。

スマイルゼミ中学準備講座の対象
スマイルゼミの中学準備講座は小学校6年生の1月から3月までの3か月間が対象です。スマイルゼミには小学生向けと中学生向けのコースがありますが、これが小学校6年生の1月から3月は「中学準備コース」という名称になります。

ほかの通信講座の中には1月と2月の2ヶ月だけで3月からは中学コースになるところもありますが、スマイルゼミは3月までが中学準備講座で、翌4月からが中学講座となっています。

スマイルゼミ中学準備講座の内容
中学準備講座の内容は「総復習」と「先取り」の2本立て。「総復習」は小学校で学習した範囲(国数理社4科目)の総復習で、「先取り」は中学校で習う範囲(英国数理社5科目)を先取りして勉強するというものです。

小学校の内容の「総復習」といっても、小学校で習ったことをすべて復習するわけではありません。6年間分を3ヶ月で復習することなど、できるわけがありません。中学校に進学するのに必要な部分を復習します。

例えば、算数の場合は最初に「重要単元の確認テスト」を行います。
この結果に基づいて、自動的に復習すべき項目(勉強プラン)が作成されます。

ひとりひとりの得意不得意にあわせてオリジナルの学習プランが作成されるというのがスマイルゼミの特徴のひとつになっており、これが中学準備講座でも利用できるというわけです。

一方、「先取り」学習では英語も学びます。小学校でも外国語活動として英語に親しんでいるかと思いますが、本格的な教科としての勉強が始まるのは中学校からです。

入学前に先取りして勉強しておくことで、スムーズに英語の授業についていけるようにすることが目的です。スマイルゼミはペンを使ってタブレット画面に書き込みを行うことができます。

英語学習ではコレが役立ちます。英単語を覚えるのは自分の手で書いて覚えるのが一番です。めくるだけの単語カードよりも、書いて手を動かすほうが記憶に残ります。

スマイルゼミのでき先取り学習には英単語の書き取りテストがあるので、これが役に立ちます。

スマイルゼミ中学準備講座の効果
中学準備講座の一番の効果は中学入学前に学習習慣がつくことです。
入学直後の4月は部活動などもありますし、新しい環境になれることで精いっぱいです。

勉強までは手が回らないという中学生がほとんどです。
そんな状況でも授業は進みます。しかも、小学校よりも速いペースです。

気がつけば中間テスト。
結果は想像以下。

そうならないようにするには学習習慣を身につけておくことが必要です。
スマイルゼミの中学準備講座で勉強することの効果はこの点です。

小学校卒業と中学への期待でそわそわしがちな時期ですが、このタイミングで勉強しておくことが中学生活のスムーズなスタートに役立ちます。その点で中学準備講座を活用してみてください。

◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育

スポンサーリンク
PR




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PR