中学受験を突破して私立中学に入学できたからといって安心していてはキケンです。授業についていけなくなり落ちこぼれてしまうということもあるからです。特に気をつけないといけないのは英語です。

 

学力差がある英語で落ちこぼれやすい
同じ私立中学に入学したということは学力がほぼ同じぐらいということを意味します。
もちろん、得意不得意はあるかもしれませんが、その差はわずかです。

ただし、それは入試科目(国語、算数、理科、社会)に関してのみ。
英語に関しては入学時点で大きな差がついているのです。

入試に関係ないからといって英語を勉強してこなかった子は要注意です。私立中学に入学する子の中には塾とは別に小学校のときから英会話学校に通っている子もいれば、帰国子女もいます。

スタートの時点で学力差があるのが英語なのです。

 

私立中の英語の授業の特徴
私立中学の授業というのは公立中を質、量ともに上回っています。
英語の場合は、使用する教科書も分厚いものになりますし、出てくる単語の数も違います。

授業のスピードも公立中よりも早いのは言うまでもありません。
基本的に私立の授業は出来る子にあわせて進むからです。

もちろん、習熟度別クラスや補講などで英語が得意ではない子へのフォローもあります。
ただし、こうしたことは自信を失うきっかけにもなりがちです。

中学受験を突破したのに、入学した中学では「出来ないほう」に分類されてしまうというのは子どもにとってプライドを傷つけられるものでもあるのです。

 

塾通いでは私立中に入ったメリットが活かせない
かといって英語だけ塾に通うのでは、せっかく私立中に入学した意味がないですよね。塾に縛られずに、部活動など学校での活動を充実させるために私立を選んだ人も少なくないのではないでしょうか。

中学受験を突破したのだから基礎学力があることは間違いありません。
ただ、英語をやっていなかっただけに周りと差をつけられてしまっているという状況です。

こうした場合は、通信教育など自宅で学習できるものを活用するのが効果的です。
英語の場合はタブレットで音声を確認できるものなどもあります。

勉強する力はあるだけに、効果も出やすいはずです。
塾に通うほどのことはありません。

英語は高校、大学だけでなく社会人になっても使うことが多いものです。
出来るようになると、それだけ可能性が広がります。

周りとのギャップで苦手意識を持たないように、ソフトなどを活用してみてください。
オススメはコチラ ⇒ スタディサプリ ENGLISH まずは無料体験!

ちょっとレベルが高いかもしれませんが、中学受験を突破した子なら十分に対応できます。