最新データで見る塾に通っている中学生の割合

学習塾に通っている中学生の割合について最新データで調べてみました。
データは文部科学省の「子どもの学習費調査(平成28年度版)」。

全国の中学生を対象としたもので、2年おきに調査されているものです。
まずは都市と地方の違いを見てみます。

都市部は塾通い率が高く、平均塾代も地方の1.5倍以上
次の表は市区町村別にみた通塾率と平均塾代です。
ここでは文科省のデータにある塾代を支払った人の割合を通塾率としています。

都市別の通塾率と平均塾代

市区町村 通塾率% 年間平均塾代
5万人未満 52.8 206,000円
5万人以上15万人未満 64.3 266,000円
15万人以上 73.1 317,000円
指定都市・特別区 79.4 332,000円

(文部科学省「子どもの学習費調査(平成28年度版)」より作成)

指定都市・特別区とは、札幌市、仙台市、さいたま市、千葉市、横浜市、川崎市、相模原市、新潟市、静岡市、浜松市、名古屋市、京都市、大阪市、堺市、神戸市、岡山市、広島市、北九州市、福岡市、熊本市の20市と東京23区のことを意味しています。

こうしてみると、都市部のほうが地方よりも通塾率が高く、塾代も高くなっていることがわかります。都市部は集団塾から個別指導塾まで選択肢も多いので、いずれか塾に通っている子が多いと言えそうです。

次に学年別の通塾率と平均塾代を見てみます。

公立中学校3年生で年40万円
公立の中学校に通っている子の学年別通塾率と平均塾代(年間)が次の表です。

公立中学生の学年別通塾率と平均塾代

学年 通塾率% 年間平均塾代
中学1年 57.9 203,000円
中学2年 67.8 240,000円
中学3年 80.4 401,000円

(文部科学省「子どもの学習費調査(平成28年度版)」より作成)

公立中学校に通ってる中学3年生の場合、高校受験があることから通塾率は80%を超え、平均塾代も年間40万円以上となっています。塾代は中学1年ときと比較すると2倍近くです。

私立中の場合はどうかというと次のとおり。

私立中学生の学年別通塾率と平均塾代

学年 通塾率% 平均塾代
中学1年 52.8 228,000円
中学2年 55.4 254,000円
中学3年 56.2 303,000円

公立中ほどではありませんが、私立中に通っている子でも塾に通っている子は少なくありません。中学1年の段階から私立中でも2人に1人は塾に通っていることになります。私立に行けば「塾代がかからない」と思ってる人には意外なデータかもしれませんね。

 

【PR】