新学期に向けて塾や通信教育を検討している人も多いのではないでしょうか。そこで、中学生向けの塾と通信教育を比較したときのメリットとデメリットをまとめてみました。参考にしてみてください。

 

通信教育にはない塾のメリット
通信教育にはない塾のメリットのひとつは、強制的に勉強時間が確保されることです。塾に通うようになれば、毎週決められた時間は必ず勉強するようになります。

いつでも勉強できる通信教育には、いつまでもやらないというリスクがあります。なかなか学校以外で勉強する習慣がない人にとっては、勉強せざるを得ない塾のほうが向いていると考えられます。

 

また、塾での勉強は周りからの刺激や緊張感を得られることもメリットです。学校ではマジメに勉強していることでからかわれたりしてしまうこともありますが、塾ではそんなことはありません。

勉強で切磋琢磨しあえる環境が塾にはあるからです。個別指導塾の場合はこうした特徴はあまりみられませんが、集団塾だとお互いの存在が良い影響を与えることが少なくありません。

 

個別指導塾の場合は、わからないところにその場で対応してくれるのがメリット。
ひとりひとりにあわせた説明をしてもらえることで理解が進のは言うまでもありません。

 

ただし、塾で気をつけなければならないのは通っていることに満足してしまうことです。
通うことは目的ではありません。勉強することが目的です。

しっかり授業を集中して受ける。
このことができないようだとどんな塾でも効果がありません。

 

塾にはない通信教育のメリット
反対に塾にはない通信教育のメリットは自分のペースで勉強ができることです。これには2つの意味があります。「好きなときに勉強できる」ということと「好きな時間だけ勉強できる」ということ。

好きなときに勉強できる」というのは部活などで学校生活が忙しい人にはありがたいですね。部活を終えて帰宅後でもイイですし、早起きして朝から勉強することもできます。

特に朝の時間帯は頭もフレッシュな状態なので、通信教育で勉強している人の中には、この時間を有効に使っている人が少なくありません。朝のうちに勉強しておけば、放課後は部活に集中できるというメリットもあります。

また、「好きな時間だけ勉強できる」というのも通信教育のメリット。気分が乗ってきたときに何時間も集中して一気に勉強するといったことが可能です。授業時間が決められている塾ではこうした勉強法は取れません。

通信教育というとコツコツ勉強できるマジメな人が向いているというイメージがあるかもしれませんが、気分が乗ってきたときに一気に勉強できるという面では気分屋の人にも向いている勉強方法です。

 

さらに、通信教育の中には無料体験など気軽に試せるものがあります。
どんな勉強法でもあうあわないがあるので事前に試せるといううのは大きなメリットです。

塾にも体験授業はありますが、その後の勧誘などが気になってしまいあまり気軽に試せるものではありませんよね。その点、ネットで申し込める通信教育の場合は気軽に体験できるものが少なくありません。

下記のスタディサプリもそうしたもののひとつですので、気になる方はチェックしてみてください。
スタディサプリ/塾平均より年間24万円お得!? 月額980円(税抜)/テキスト代無料