塾を選ぶ際には、授業内容や講師など塾の中身を重視すべきなのは言うまでもありませんが、現実問題として費用についても比較検討する必要があります。

このときに注意しなければならないのは、塾にかかる費用は授業料だけではないということです。
入塾金、生徒管理費、教室維持管理手数料、更新料…など授業料以外でもいろいろな名目で費用が必要となります。

こうした費用には、塾により大きく異なります
授業料を他より安くする代わりに、こうした名目の費用を高くしている塾もありますので、どこも同じようなものと思わずに比較してみることが必要です。

参考までに授業料以外の主な費用として発生するものを挙げておきます。

入塾金
入塾時に一回支払うものです。ただし、割引や無料にしている塾が多いのが現状です。中学生の場合は、概ね1~3万円前後に設定されています。

生徒管理費または教室維持管理手数料
「生徒ひとり当たりに月額でいくら」という形で発生するものです。毎月払うケースや、半年後とにまとめて払うケースなど塾により異なります。
また、教室の冷暖房費や光熱費として徴収される場合もあります。
冷暖房費などは他の業界では料金に含まれるものですが、学習塾業界ではこれを別にとるところが多くなっています。

更新料
学年が変わるときに必要になる場合があります。
こうしたことは、小さく書いてあるので、しっかり確認しておきましょう。

以上が主なものになります。
ただし、塾により詳細は異なりますので、「授業料以外で必要な費用には、どのようなものがありますか?」としっかり聞くことをオススメします。

「教育についてお金のことを聞くものではない」といった考えは良くありません。

良い塾ほど、授業の内容に自信があるので、お金のこともしっかりと説明してくれるものです。逆に悪い塾は、聞きにくい心理を利用していることもあります。

「お金について聞くことで良い塾かどうかを見極める」といった気持ちで確認してください。

なお、お子さんの前ではお金の話をしにくいということもあるでしょうから、電話やお子さんとは別に教室に行った際に費用のことは聞いておくことをオススメします。

【PR】