中学生向けの塾を選ぶ際には、自分の目で確認しておくことがあります。 途中で塾を替えるのは、勉強のペースも乱れて良くありません。塾選びを失敗しないように参考にしてください。

塾を選ぶ際には、ホームページをみたり、パンフレットを取り寄せて比較することになります。基本的な情報は、把握できますが、必ず教室を訪問して自分の目で確認しておきたいことがあります。

それは、教室の雰囲気です。 ホームページに写真が掲載されていたとしても、実際の雰囲気は教室を訪れてみないと分かりません。

特に「小学生がどのくらいいるか」は、確認しておく必要があります。 気づきにくい点ですが、重要です。

中学生にとって、「小学生と同じ塾で勉強する」というのは心理的に抵抗があるものです。 授業が別でも、その気持ちは変わりません。

中学生は、「小学生は子どもだけど、自分は、もう子どもではない」と思い始める時期です。 それでけに、小学生と一緒ということに抵抗を感じるものです。

どうしても、小学生が多い塾だと、教室全体の雰囲気(掲示物など)が小学生中心になってしまいます。 これが中学生にとっては、いまいち勉強する気になれない原因となります。

逆に、高校生も通うような塾であれば、中学生には教室の雰囲気が「大人っぽく」感じられます。 こうしたことが、「自分もしっかり勉強しなきゃ」という気持ちを後押しします。

大人から見れば、中学生も小学生も、もっと言えば高校生も「子ども」かもしれません。 しかし、中学生にとってみれば、そうではありません。

塾に通う一つのメリットは、「周囲から刺激を受けて勉強する」ということです。 教室の雰囲気(小学生がどの程度いるか)は、パンフレットやホームページでは、決して分かりません。

実際に塾に通うことになる時間帯に教室を訪問して、自分の目で確認することをオススメします。

【PR】