通知表で5がつく中学3年生の割合

家庭教師の検討はコチラから

家庭教師の検討はコチラから
小中高生の家庭教師選びなら、かてきょnavi


中学3年生の通知表は内申点に直結するため高校受験でも大きなウェートを占めます。誰もが5が欲しいですよね。かつては相対評価といって「5」をつけられる人の割合が決まっていましたが、いまは絶対評価となり、基準に達していれば何人でも5をつけることができます。

となると、どのぐらいの人に「5」がついているのか気になりますよね。調べてみました。

東京都の公立中学校3年生の12月末時点での評定状況(通知表の評価)を調べた結果(平成29年)が教育委員会のホームページに掲載されていました。

通知表の科目別評定別人数割合(%)

国語 11.6 25.6 48.1 11.8 3.0
社会 13.9 23.7 44.8 14.3 3.4
数学 13.1 23.3 44.7 14.7 4.2
理科 12.9 23.8 46.7 13.4 3.2
音楽 12.7 26.8 49.0 8.9 2.6
美術 11.0 27.7 50.9 8.0 2.5
保健体育 9.0 27.7 53.1 7.7 2.5
技術・家庭 10.3 27.0 51.2 9.2 2.4
英語 15.0 22.4 42.8 16.0 3.9

通知表に「5」がつく人が最も多い科目は英語15.0%
7人に1人以上は「5」がつくことになります。

反対に最も「5」がつく人が少ない科目は保健体育9.0%
こちらは10人に1人以下の割合となっています。

ただし、この数字はあくまでも東京都の公立中学校平均値です。
「5」がつく人の割合は学校により大きなばらつきがあります。

科目別にもっとも「5」がつく人が多い学校で、その割合(5がついた人の割合)をみると次のようになります(区、市はその中学校がある区、市のことで、区や市の平均値ではありません)。

5がつく人が最も多い学校での5のついた人の割合(%)

科目 5のついた人の割合 その中学校がある区、市
国語 32.9 世田谷区
社会 48.6 町田市
数学 34.4 八王子市
理科 38.7 港区
音楽 37.5 港区
美術 42.6 千代田区
保健体育 26.6 千代田区
技術家庭 34.0 港区
英語 39.1 港区

東京都の平均値よりかなり高いですね。
社会の48.6%というのは、ほぼ2人に1人の通知表に「5」がついた中学校が町田市の中にはあるということです。

スポンサーリンク
PR




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PR