東京都立高校の新しい入学試験制度(2016年度入試から実施)

現在(2015年)の中学3年生が受験することになる2016年度入試から東京都立高校の入学試験制度が新しくなります。大きな変更点もあるので、注意が必要です。受験生はしっかりチェックしておいてください。

新しい入学試験制度のポイントは3つ。(1)学力検査の教科数が原則5教科に。(2)学力検査と調査書(内申書)の割合が7:3に。(3)調査書(内申書)での実技教科の配点がアップ。

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

(1)学力検査の教科数が原則5教科に
これまでの東京都立高校の学力検査は学校により3教科から5教科のあいだで行われていました。3教科というのは英語、国語、数学。これに理科と社会を加えたものが5教科です。

これが新しい制度では、どの学校でも原則5教科となります(第一次募集)。
ということは、理科と社会も必ず受けなければなりません。

ただ、都立高校を第一志望にしている人にとってはこれはチャンス。
私立高校の場合は、3教科受験というのが少なくないからです。

私立を第一志望にしている受験生は、3教科の勉強に力を入れ、理科と社会は後回しにせざるを得ません。このため、都立校の入試では理科と社会で差がつくことが予想されます。

都立高校受験生なら理科と社会をしっかり勉強しておきましょう。

(2)学力検査と調査書(内申書)の割合が7:3に
入試制度変更点の2つ目は学力検査と調査書(内申書)の得点の割合です。

これまでは学校により7:3、6:4、5:5と分れていましたが、これが7:3に統一されます。学力検査が7で、調査書(内申書)が3です。

これまで以上に入学試験日の成績が合否を左右することになります。ただし、学力検査がない実技4教科(美術、音楽、保健体育、技術家庭)をおろそかにすることができません。それが次の変更点です。

(3)調査書(内申書)での実技教科の配点がアップ
これまでは、調査書(内申書)の実技4教科(美術、音楽、保健体育、技術家庭)の成績(1から5)を1.3倍したものが実技教科の内申点となっていましたが、これが2倍に引きあがります。

主要5教科は1倍なので、主要5教科合計は25点満点、実技4教科合計が40点満点となります。このため、これまでよりも中学校での実技の成績が重視されることになります。

いずれも重要なポイントですので、しっかり把握して受験勉強をするようにしましょう。

スポンサーリンク
PR




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PR